通気断熱WB工法

当社の健康住宅 通気断熱WB工法は、在来木造建築の壁に二重(ダブル:W)の通気層などを設け、まるで家自身が自然な呼吸(ブレス:B)をしているような、家も人も健康に暮らせる家づくりです。

WB工法の家はどんな呼吸をしているの?

室内の湿気や有害物質(ホルムアルデヒドなど)が透湿壁から通気層に抜けていきます。
人間に例えると皮膚呼吸のようなものです。壁は、合板やビニールクロスを使用していません。通気層では、通気層内の上昇気流に乗り湿気や有害物質が建物の外に排出されます。人間に例えると気管支呼吸のようなものです。夏は盛んに排出されますが、冬は室内温度の低下を防ぐ工夫がされています。
二つの呼吸は機械の力で行っているものではありません。

なぜ環境に優しいの?

合板やビニールクロスを全面に貼り、24時間換気システムが必要な家は、人工呼吸器を取り付けたような状態です。室内を暖めたり冷やした空気は換気とともに外に排出されてしまいエネルギーが無駄に使われることになります。WB工法では、湿気や有害物質を屋外に排出しますが、室内の空気を排出しない自然な呼吸なのでエネルギーが無駄に使われず環境にやさしいのです。また、家の屋根・壁・床下の通気のため蒸れ腐れが起きず家が長持ちするのでさらに環境にやさしい家なのです。

なぜ体に優しいの?

カビやダニは湿度70%、気温25度以上で大繁殖します。WB工法の家は室内の湿気が透湿壁から通気層に抜けていくため、湿度が70%以上になりにくいのです。シックハウス症候群の原因の化学物質も湿気と共に屋外に排出されます。24時間換気システムのパイプダクトの中にカビやダニが繁殖したために、アレルギーを引き起こすこともあります。WB工法ではそのような心配はありません。長野市にはWB工法で建てられた保育園があり、臭いも湿気も暑さもなく(エアコンはないそうです)、環境に敏感な小さな子供たちが元気に遊んでいます。

なぜお財布に優しいの?

WB工法では室内の空気を排出しないためエネルギーを無駄に使うことがありません。また、冬向きの高断熱高気密の家は、夏に太陽の焼け込みで暖まった壁や屋根の熱で室内が高温になりエアコンで冷やすことになりますが、WB工法では通気層から焼け込みの熱を外に逃がすためエアコンの使用が減り省エネになります。湿気が透湿壁を通り抜けて室外に出ていくため湿度が低く、エアコンの使用はさらに少なくなります。24時間換気システムは機械ですからいつかは壊れてしまいます。修理の費用も馬鹿になりません。WB工法は機械の力で行っている換気ではないので安心です。

お客様の声

2011年3月に家を建てられたお客様に住み心地をお聞きしました。(2011年10月)

今年の夏は猛暑でWB工法の家でも夏の暑さは感じました。昼間は家にいないので、夕方家に帰ると窓を全開にしていました。「暑さを感じた」とは言ってもエアコンは全く使いませんでした。扇風機と窓からの風で過ごすことができました。風通しの良い様に設計して頂いて良かったです。梅雨時や夏もジメジメした感じはなく、室内に干した洗濯物も良く乾きました。最近2階に干すようにしたら驚くほど良く乾きます。これから冬に向かって松本は湿度が下がりますが、乾燥しすぎないか気になるほどです。WB工法について“本当だったんだ!”と思ったことは、カレーや魚を焼いた臭いが残らないことです。全く気になりません。WB工法とは関係がないかもしれませんが、光熱費が安くなって助かっています。新築する前はアパート住まいで、電気とガスを使っていました。その時の光熱費と比べると今は月々平均すると1万円近く安くなりました。オール電化にして深夜電力を上手に使うように工夫した結果ですが、大変助かっています。3月と4月は蓄熱暖房も使っていましたが電気代は高くはありませんでした。深夜電力を上手に使うと効率がいいので蓄熱暖房はお薦めですよ。

社長のコメント:冬の室内湿度も心配ありません。WB工法の家は春夏秋冬快適に過ごして頂けます。

田内工務店は通気断熱WB工法の正規加盟店(会員)です。